スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大工工事が完了。残すは仕上げのみ!

大工工事が始まって22日。

外壁が貼られ、ユニットバスも入り、家の全容が見えてきました。
(過去記事:表し梁が!アイシネンが!ユニットバスが!なかなかいいじゃない、グリジオセラドン。

今回はここから9日分。

大工工事が終わるまで一気にいきたいと思います。



スポンサーサイト

表し梁が!アイシネンが!ユニットバスが!なかなかいいじゃない、グリジオセラドン。

前回、前々回とルンバのあまりの使い勝手のよさから記事を書きたくなってしまい、少し脱線してしまいました。
(過去記事:ルーロが欲しかったのに気付いたらルンバの885を買っていた。(ロボット掃除機)前編

今回から家の記事に戻ります。

着工してから14日目。
断熱材が8割ほど入ったところで我が家は上棟式を迎えました。
(過去記事: おもちに悩んだ上棟式。当日必要だったものなど。

上棟式が無事に終わり、ここからまた大工さんがすごい勢いで家を完成させてくれます。

ルーロが欲しかったのに気付いたらルンバの885を買っていた。(ロボット掃除機)レヴュー編

窓を開けておくと家の中に入り込んでしまう砂の対策にお掃除ロボットを買うことを決心した私。

第一候補はPanasonicのRULOでしたが、様々なメーカーを細かく比較検討した結果、結局ルンバに落ち着きました。
(過去記事:ルーロが欲しかったのに気付いたらルンバの885を買っていた。(ロボット掃除機)前編

さて、どのグレードにしようかな。

今回は簡単にですが私がルンバの885に決めた理由と、実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

ルーロが欲しかったのに気付いたらルンバの885を買っていた。(ロボット掃除機)前編

家を建てたら、ロボット掃除機が欲しいな~。

新築計画が進む中、私はそんな妄想をしていました。

ただ実際に建ってみると意外と新しく買わなくてはいけないものも多く、ロボット掃除機のことはドンドン後回しに。

そんなある日、土盛りで盛った砂が風で舞い上がり窓から侵入。

家の中が砂でジャリジャリになるという事件が発生。

その日の朝に2時間もかけて掃除をしていた私は、苦労が水の泡になった虚しさからロボット掃除機を購入することを決心しました。

さて、何を買おうかな。

普通お掃除ロボットといえばルンバ
でもなんとなく当たり前のものは買いたくない!

せっかく国内メーカーからも様々な商品が発売されているのだから、ルンバ以外の商品を購入しようと調べてみました。

センスいい!施主支給の照明を妻が購入!

上棟式が終わり、軽く建築担当者さんとお話をしていると照明の話が出てきました。

建築担当者
『そういえば、そらいぬ様でご準備される照明はもう探されていますか?
あと2~3週間程で大工工事も終了となります。
その後まもなく照明の取り付けが予定されておりますので、ある程度の目星はつけておいて頂ければなと。』
(関連記事:アイフルホーム標準の照明。高すぎるけど値引きはなし?


『そうですか、それではそろそろ買っておかないといけませんね。
頑張ってネットで調べていたけど、いいのは見つかった?』


『もう大体はね。今度見せるからそれでいいか見てみて!』

建築担当者
『よろしくお願いします。』

おもちに悩んだ上棟式。当日必要だったものなど。

地元業者監督
『建前いつか決まったら連絡ちょうだいね~』


『建前??』

解体、造成工事をお願いした地元業者の現場監督が去り際に残していった建前という謎の言葉。
(関連記事:土地造成工事を地元業者にお願いして感じたメリット、デメリット

あれから2ヶ月、家の形がある程度できてくると新居のご近所さんにも
『建前はいつなの?』
と頻繁に聞かれるようになりました。

建前って一体なんなのさ( ゚Д゚)!

は・・・はやい!ガンガン完成していくマイホーム。

着工から大体丸一日で家の形ができてしまった我が家。
(過去記事: 大工工事開始!あっという間に家が出現。

ここからも怒涛の勢いで家が完成に向かっていきます。

今回の記事はほぼ写真です。

家の出来ていく様子はもちろんR下がり壁やニッチの様子など、屋根がかかってから上棟式までの約2週間を一気に飛ばしていきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。